あんなか観光ガイド
一般社団法人安中市観光機構
トップページ  会員紹介  交通アクセス  リンク  お問い合せ

コンテンツ歴史・文化財花の歳時記温泉ガイド自然イベントカレンダー名物・特産品安中ガイドマップ宿泊ガイドよくあるご質問

トップページ > 歴史・文化財

歴史・文化財

碓氷峠鉄道施設旧中山道(坂本宿〜板鼻宿)史跡・学習施設等

旧中山道

中山道

中山道は江戸を起点とする五街道の一つで、東海道とともに江戸から京都を結ぶ重要な街道でありました。安中市には板鼻・安中・松井田・坂本の4宿があり、旅人で賑わった街道の名残が見られます。

碓氷関所跡

1623年に徳川幕府により横川の地に設置され、明治2年に廃関されるまで、関東入国の関門として「入鉄砲と出女」を監視しました。復元された東門の他には関所資料館(見学には要予約 平日のみ)も建てられています。

所在地 安中市松井田町横川乙573
営業時間 通年
定休日 終日開放
アクセス 松井田妙義ICより車10分
  JR信越線横川駅から徒歩5分
駐車場 なし
お問い合わせ 学習の森 文化財係 027-382-7622
 
ガイドマップA
グーグルマップ

五料の茶屋本陣

茶屋本陣は大名や公家などの休息の場として用いられました。「お西」と「お東」と呼ばれる二つの切妻造りの建物が隣り合っており、いずれも県史跡に指定されて一般公開されています。

所在地 安中市松井田町五料564−1
営業時間 9:00〜16:30
休館日 毎週月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)
  年末年始
料金 大人210円、小人100円
アクセス 松井田妙義ICより車5分
駐車場 あり(普通車20台、大型バス駐車可)
お問い合わせ 五料の茶屋本陣 027-393-4790
 
ガイドマップA
グーグルマップ

原市杉並木

中山道の杉並木である安中原市の杉並木がいつ植樹(しょくじゅ)されたかには、3つの説があります。・慶長(けいちょう)9年(1604)説、・元和(げんな)元年(1615)説、・安中藩主板倉重形(いたくらしげかた)が植えさせたという説です。杉の数は天保15年(1844)には732本、昭和7年(1932)には321本で、昭和8年に国指定天然記念物に指定されました。枯死のため昭和42年には安中部分が指定解除され、残された原市部分も現在は十数本に減少しました。

所在地 安中市原市字(県道一本木平小井戸安中線)
アクセス 松井田妙義ICより車20分
駐車場 なし
 
ガイドマップB
グーグルマップ

旧安中藩武家長屋

郡奉行役宅と道をはさんで、武家長屋が復元されています。茅葺きの長屋が並んだ敷地内には井戸も掘られ、往時の暮らしぶりを偲ぶことができます。

所在地 安中市安中三丁目6番1号
営業時間 9:00〜16:30
定休日 毎週月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)
  年末年始
料金 大人210円、高校生以下無料(郡奉行役宅と共通 市民無料)
アクセス 松井田妙義ICより車25分
お問い合わせ 旧安中藩郡奉行役宅027-381-3855

 
ガイドマップB
グーグルマップ

旧安中藩郡奉行役宅



ガイドマップB グーグルマップ

徳川家譜代の大名が統治していた安中城。その名残として城内の大名小路沿いには旧安中藩郡奉行役宅が復元されています。母屋の造りは曲がり屋と呼ばれ、公的空間と私的空間が区別されています。

所在地 安中市安中三丁目6番9号
営業時間 9:00〜16:30
定休日 毎週月曜日(月曜が祝日の場合はその翌日)
  年末年始
料金 大人210円、高校生以下無料(武家長屋と共通市民無料)
アクセス 松井田妙義ICより車25分
お問い合わせ 旧安中藩郡奉行役宅027-381-3855

板鼻本陣跡(皇女和宮御仮泊所)

板鼻宿には孝明天皇の妹・和宮が宿泊した部屋が残されています。幕末、公武合体のために徳川家に嫁ぐため中山道で江戸に向かった和宮が板鼻宿本陣であった木島家の書院に宿泊したのです。本陣建物はその後書院の一部を残して取り壊されましたが、部屋には当時の資料が展示されています。

所在地 安中市板鼻一丁目6番20号
お問い合わせ 板鼻公民館 027-382-4967

 
ガイドマップB
グーグルマップ
ページトップへ
サイトマップ | 個人情報の保護について | お問い合せ